収入があれば学生でもお金を借りることができます。

 

収入がある=返済能力がある


ということで審査はしてくれますが低金利なカードローンだとどうしてもリスクを避けるために敬遠されがち。しかし学生でも10万円程度借りるのにそれ程リスクってないですよね?返済できる!という方も多いはず。

その辺の与信をしっかり審査してくれる大手消費者金融はメガバンクの保障会社もしているので安心。プロミス・アコムなら無利息サービスもあるので学生にも嬉しいですね。

無利息サービスがあればなおアルバイト向けのお金を借りる方法

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミス

プロミスレディース

実質年率年 4.5%~17.8%
限度額最高 500万円

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ



実質年利年3.0%~18.0%
借入可能額最高800万円

アルバイトやパートで収入が不足している場合や収入のない専業主婦でも申込可能な借入先

基本キャッシングは収入を担保に貸付するものなので、

 

収入がなければ申込できません


貸金業法の総量規制でも年収の1/3までしか貸せないと決まっているので、年収がなければ貸金業者は貸すことができません。

 

しかし実際は専業主婦でも旦那の収入があるのでもし借りたとすればそこから返済できますよね?


総量規制対象外の銀行でも旦那の収入を担保には貸せませんが、そこに着目した銀行は

 

借り入れ枠を低くして自社リスクも低くして専業主婦をターゲットとしたキャッシング


をつくって専業主婦に貸し出しているのです。こういったキャッシングは、

 

  • 総量規制対象外の銀行のキャッシングであること
  • 専業主婦専用の低額借り入れ枠があること

が前提にあるので専業主婦が申込めるキャッシングは限られており、貴重な銀行カードローンがあったのですが、

 

金融庁の銀行カードローンへの規制が進んで現在では申込不可能になっています。


アルバイトでお金を借りる場合は勤務期間が物を言うかもしれない

アルバイトでカードローンに申込んでお金を借りるというのは難しいと友人達からは言われていましたが、

 

どうしても借りたいタイミングがあってダメ元だと思いながら申し込んでみました。


今のアルバイト先には勤め始めて三年以上たっており、毎月十五万円程度の収入がありました。決して多くはないものの安定してそれだけ収入があったので継続して収入があるという条件は満たせるのではないかと思いました。そこで改めて臨んでみたところ

 

無事に審査に通って三十万円までの限度額ではあるものの契約に成功しました。


保証人等も特に必要なく普通の正社員が申し込むのと全く同じ流れだったように記憶しています。勤務先の名前にはアルバイト先を入れたのですが、在籍確認としてアルバイト先に電話がかかってきたようです。

お金を借りる場合の在籍確認には注意が必要

普段私宛に電話がかかってくることなどなかったので勤務先は驚いていましたが事情を話すと納得してくれました。

 

  • アルバイト先にはカードローンを組むことを知られたくないという人
  • まだ勤め始めて間もない人

はちょっと注意したほうがいいかもしれませんね。電話連絡以外の方法で在籍確認の相談ができるカードローンもあるようなのでアルバイト先に知られたくない場合はそのようなカードローンに申込むのもひとつの方法です。

金利は初回利用者ならば当たり前かもしれませんが上限金利の17.8%でした。結構高金利のような気はしましたが三十万円の利用ならば上限金利になるのが当たり前のようなのでこれはアルバイトかどうかは関係がなさそうです。

返済能力の有無はアルバイトの勤続期間が大きく影響する

友人達からはアルバイトでは借りることはできないとよく言っていたのは勤務し始めてからの期間が短いからではないかなと実感しました。返済できる能力があるかないかで大きく金融機関の評価は変わってきます。私の場合三年もの間、

 

安定してアルバイトの収入があったので特に問題なくお金を借りる事ができたのではないかと思います。


但し、これが学生だったならばまた条件は違うかもしれません。20歳未満は利用できないようですし、私はもう25歳にもなるので貯蓄もそれなりにありましたし、仮に勤務先から離れても三ヶ月程度は困らない貯蓄はありました。

それがないとアルバイトでお金を借りるのはリスクがあると思います。

アルバイトでもお金を借りる方法

アルバイトの場合、どうしても普段の収入が少ないという難点がありますので、高額の買い物をする際には手持ちの現金が少ないケースがありますが、こうした場合にはお金を借りると良いでしょう。

 

アルバイトで収入を得ている人であっても、消費者金融で融資を受けることは可能です。


もちろん銀行の展開するカードローンでもアルバイトを融資対象としているところは少ないですがあるにはあるので、こうしたところからお金を借りることができます。かつては、消費者金融といえどもアルバイトには融資を行っているところと、そうでないところとに分かれていました。その理由としては、

 

融資を行う側からすれば返済される見込みのない人に貸し付けることはリスクが高いためです。


銀行はともかくとして、消費者金融の場合は融資を行った後に支払われる利息で利益を得ているためであり、融資分が返済されなければそのまま利益の減少につながるためです。

アルバイトだからといって返済能力が低いとは限りませんが、それでもかつての消費者金融業者の中にはそうした判断を下していたということになります。また、もうひとつの理由としてはかつては、

 

正規雇用の人の割合がアルバイトよりもかなり高かったという点があります。


アルバイトにまで顧客層を広げなくても正規雇用で収入を得ている人だけで十分だったということなのですが、最近の不景気からアルバイトの層がかなり増えていることから、顧客層を拡大した背景があるのかもしれません。

実際に、アルバイトであっても最近は正規雇用の場合と何らひけをとらないほどの収入が得られる場合があります。他からの借入もなければ、その分だけで十分返済能力と判断されるケースも珍しくありません。ただし、アルバイトだからといってそのまま融資を受けられることにつながるとは限りません。また、年齢的な理由から融資を受けられない場合があります。

 

たとえば未成年の場合は融資を行っていないところがほとんどですので、アルバイトでも必ずしもお金を借りることができるとはいえない点が注意点といえます。


もしも借りれるかどうか不安になるようであれば、アコム・プロミスの電話番号に電話して聞いてみるのも一つの手段です。いずれにしても金融庁が定めた総量規制に則り、アルバイトでも年収の1/3までの借入希望額で申込むということが重要になります。

参照サイト:金融庁アルバイトキャッシングアルバイトで借入するアルバイトで消費者金融に申込む

未成年者がお金を借りる場合には?

未成年者がお金に困った場合、厳しい表現かもしれませんが、現実的には銀行や消費者金融などのカードローンに申込んでも審査が通るケースは無いと言って過言ではありません。20歳以下の未成年者に対し、お金の貸し借りの信用は求められないのです。

 

申込み条件として20歳以上としていることが殆どです。


銀行や消費者金融など金融機関は、お金を貸して利益を利益に変えるビジネスです。定職に就いていない学生や、まだ社会人成りたての未成年者に、お金に対する信用は無いに等しいと考える業者が多い為利用は不可能と考えるべきでしょう。

未成年者でも利用可能となるケースは?

それでは未成年者がお金に困った場合には、どのような対処が必要となるのでしょうか。どうしてもお金が必要な場合には、まずは親権者であるご両親に相談されるのが先決ということになります。

但し、直接頼りたくない場合には未成年者でも親の同意を得ることで利用可能となるものが、

 

  • 目的別ローン
  • 学生ローン
  • クレジットカード

の3つと言えます。学生ローンは一般的には20歳以上を対象としている金融業者が殆どですが、親の同意があれば18歳以上でも利用可能としている金融業者もあります。あくまで学生であることが前提で、18歳でも学生以外の未成年者は利用出来ません。

 

学生ローンも未成年だと難しそうだなぁ・・・


また、収入の見込みのある学生が対象であり、アルバイトで働いているなど収入がなければなりません。更に親権者であるご両親の承諾が必要になることはいうまでもありません。親権者の同意があれば50万円を限度として借りることが可能な金融業者もありますが、

 

アルバイト収入しかアテにできない学生は借りる事ができても微々たる金額です。


総量規制の対象となりますので本人に150万円以上の年収があることが前提となるので現実的ではありません。

クレジットカードの未成年者の利用

クレジットカードの場合、未成年者でも18歳以上から申込めるものは少なくありません。しかし、未成年者の場合にはキャッシング枠は付けられないのが一般的です。クレジットカードを発行されてもショッピングのみの利用になりますが、

 

未成年の場合はクレジットカードなら親の同意を得やすいかも・・・


お金が無い時のショッピングを始め飲食などにも利用出来るので学生にとっては非常に利便性の高いカードといえます。

目的別ローンは未成年者でも可能?

目的別ローンというのは、住宅ローンやマイカーローンといった利用目的を明確にしてローンを組むものです。未成年者でも利用出来るものとして、運転免許を取得する為の教習所へ通う為の

 

  • 運転免許ローン
  • トラベルローン

などがあります。使用目的の自由度が少ないことから、学生ローンやクレジットカードでの支払よりも金利が低いのが特徴です。未成年者が利用する場合には、親権者の同意と共に保証人が必要となるケースが殆どです。

 

金額が高額になると親にも同意してもらえないかも・・・


未成年者で親権者の同意が必要となった場合、学生ローンでお金を借りる場合や運転免許ローンなど金額が大きくなる可能性の高いローンを利用する場合は同意を得るのが難しいかもしれません。

三菱UFJ銀行のカードローンのバンクイックはお金を借りるのにはどうか?

銀行系カードローンの常識といえば、専業主婦もお金を借りることが出来る事と、審査が消費者金融に比べると時間が掛かるという点でしたが金融庁の規制により、

 

  • 専業主婦は申し込めなくなりました。
  • 審査は更に時間が掛かるようになりました。

その分銀行カードローンは一度審査に通ってしまえば金利が低いというメリットがあり、消費者金融系は最短即日というスピード融資の代わりに金利が高めというのが当たり前で、言うならばこれは棲み分けのようなものでした。

三菱UFJ銀行のカードローンのバンクイックは、アコムを保証会社にしてスピード審査を行ってきましたし、各支店にテレビ窓口を設置してカード発行も行ってきましたが、この規制により融資スピードを失ってしまいました。

同じ銀行系カードローンと比較すると、最高金利は中間に位置していて、目立ってお得な訳ではありません。一応最低金利は他の銀行系カードローンの方が低いのですが、最低金利で借りられるという事は殆どないので、金利は最高金利で見るのが現実的です。

銀行カードローンでアルバイトはお金を借りれるか?

銀行カードローン 即日融資 カード発行機 振込融資
三菱UFJ銀行カードローン 不可 あり 三菱UFJ銀行口座のみ
三井住友銀行カードローン 不可 あり 三井住友銀行ネットバンキング口座のみ

注目点は月の最低返済額で、なんとダントツの1,000円からです。他の銀行カードローンは大体10,000円からなので、余裕を持った返済計画を立てる場合はバンクイック以外を考える必要はありません。

実際に2000円返済では返済総額が大きくなるので現実的ではないのですが、資金繰りがピンチの時に1,000円と10,000円では大きく変わるのは間違いありません。総合的に考えて、融資速度と最低返済額がダントツの三菱東京UFJ銀行のカードローンは、お金を借りる第一候補としても鉄板といえるでしょう。

アルバイトでお金を借りた体験談

ローンを申し込む前に信用情報について考える

 

旅行や遊びにお金を使いすぎてしまい、少しお財布がピンチになったのでカードローンを申し込みました。選んだローン会社はレイクで、選んだ理由は給料日までの短期の借入を予定していて、クレジットカードのキャッシングを使うと金利がかかって嫌だったからです。

レイクには1か月間金利が0になる制度があり、その制度を利用しました。レイクで借りたお金は3万円程度で給料日に一括で返済しました。お金が足りなくなった時、1か月以内なら金利が0なのでお得で便利だと思いその事を友人に話しました。

そうすると友人は「カードローンや消費者金融でお金を借りると信用情報に傷が付く」と言いました。私はその事が不安になり、インターネットで信用情報の事を調べました。

そうすると友人の言っていたように信用情報に傷が付くので将来の住宅ローン等に影響すると書かれていました。この事が分かりたったの3万円で信用情報に傷を付けた事と後にカードローンの借り換えをした事も後悔しています。


フリーターで生活費が足りない現状

 

パートの収入はそこまで多くないため、生活費が足りない状態となっている場合があります。そのためパート収入をもっと増やしたいと考えることもあるのですが、それもなかなか難しいことです。

そのため生活費を確保するためには、お金を借りるという選択肢も当然考えなければなりません。消費者金融は使いやすい部分を持っているため、お金を借りて生活費を確保するという選択肢に向いています。

主婦の方はすぐに返済できる方法があるので、専業主婦はお金を借りることも考えているのです。個人的な費用に利用する方もいますが、多くの方は生活費の補てんという部分で利用することが多く、それによっていい生活が送れるようにしています。

ただ借りているお金は当然利息を付けて返済することとなり、返済額が増えて更に厳しい状態になることもあります。


結婚ラッシュでお金が足りない・・・

 

最近では、私の周りでは結婚ラッシュなのか、すごく結婚式が多いです。結婚式が多いと、やはりお祝いを渡していかなくてはいけないので、それもすごく辛いものです。断りたい所もあるのですが、やはり出席をしようと思ったらお金がかかります。だから、何度かある結婚をどうしょうかなと悩んでいます。

出席をするには、結構お金がかかります。だから、そのお金をどのようにしようかなと考えている所なのです。私は専業主婦なので、パートなどもしていませんから、パートをしてお金を作るというわけにもいきません。

だから、これからどのようにしようかなと思います。専業主婦のカードローンがあるそうなので、結婚式に出席をするためにはローンかなと思います。

お祝いの他にも、洋服や髪のセットなどなど、お金がかかる部分がたくさんありますから、大変だなと思います。でも、せっかくの友達のお祝でもあるので、お金の事を気にせずに出席をしていきたいです。なんとかこれからローンを活用できればいいのかなと感じています。


Copyright© アルバイトでもお金を借りる方法があります!借入できる所を間違えるな , 2018 All Rights Reserved.