ゲーム売り場のアルバイトで接客をしていました

ゲーム売り場の接客のアルバイト

二十歳の時に初めてアルバイトをしたのが、本屋の一角にある小さなゲーム販売コーナーでの接客でした。

 

学生だったので主に働いていた時間は平日だと夕方から閉店までの4時間から6時間、休日には7時間ほどになり、週に4日から5日の勤務で月に8万円前後を稼いでいました。

決して給料のいいアルバイトではなかった

決して給料のいいアルバイトではなかったのですが、趣味だったゲームに携われる仕事だったことと、同年代で同じくゲームが趣味のアルバイト仲間が多くとても仲がよかったことで、働いている時間も人間関係にストレスを感じることなく過ごせて長く続けられたアルバイトでした。

 

仕事の8割はソフトを買いにきたり売りにきたお客様の対応でしたが、在庫管理や売り場作りの担当をさせてもらうこともあったので、とてもやりがいがありました。

 

売り出したい新作ソフトのコーナー作りなどは店の売り上げにも大きく関わるので、仲間と共に知恵を出し合ってディスプレイをしたのはとても勉強になりましたし楽しかったです。

女性でしたのでお客さんになめられることもしばしば

しかし良い面ばかりでもありませんでした。私は女性なのですが、接客をしていて男性のお客様に威圧的な態度を取られることが多々ありました。

 

特にソフトの買取の際に、何らかの不備があり買取金額を減額をしなければならなくなった時など、そのことをお客様に伝えると大声で非難されたりして大変でした。

 

ですがその都度同僚に何度も手助けしてもらい、とても感謝をしています。結局売り場が撤退することになるまでの2年間、そのアルバイトを続けましたが、今でも当時のアルバイト仲間とは連絡を取り合っていて、良好な関係を築いています。

 

初めてのアルバイトをすぐに辞めずに長く続けられたことは、自分でもとてもいい経験になったと思っています。